インドの古典音楽ラーガ(スケール)について その2

前回は、バイラヴァと
カーフィのスケール

について
説明致しました

本日は
TODI(トーディ)と

バイラヴィ
(BHAIRAVI)の
ラーガについて

説明したいと
思います

トーディの音階は

『S』『r』『g』
『m’』『P』『d』
『N』『S』

『ド』『レ♭』『ミ♭』
『ファ♯』『ソ』『ラ♭』
『シ』『ド』

になります

バイラヴィ の音階は

『S』『r』『g』
『m』『P』『d』
『n』『S』

『ド』『レ♭』『ミ♭』
『ファ』『ソ』『ラ♭』
『シ♭』『ド』

になります

2つのラーガで言えば
どちらも

『r』(レ♭)
『g』 (ミ♭)
『d』(ラ♭)

の半音を使用します

トーディの場合は
『m’』『ファ♯』

バイラヴィの場合は
『n』『シ♭』

を使うところだけが
異なります

バイラヴィは
前回紹介した

バイラヴァ(シヴァ神)
の奥様にちなんだ
ラーガになります

私の主観ですが

バイラヴィは
半音が多いものの

音階的には割と
普通に?聞こえます

トーディは結構独特な
音階かもしれません

興味のある方は
一度無料体験レッスンへ
お越し下さい♪

ではまた~

888888888888888888888888888888888

ただ今、無料体験レッスン
を行っております!

レッスン場所は
王子駅~秋葉原駅などの

音楽スタジオや
カラオケBOX

スカイプ(skype)を使った
オンラインレッスンもあります

(無料体験レッスンが
直接レッスンの場合
場所代だけは別途頂きます)

レッスンしてみたい!
問い合わせしてみたい!
興味がある!

って思った方は

→【お問い合わせフォーム】←

からお気軽にご相談下さいね♪
後ほど返信いたします~!

888888888888888888888888888888888

spacer