腹式呼吸や発声の練習をしても歌は上達しないです その1

腹式呼吸や発声は
あくまでも

声のボリュームや
音程を安定させる

ストレッチや運動と
変わらないからです

腹式呼吸や発声が
必要になったのは

昔、電気のない時代に
大勢の人に歌を

披露するために
自分の身体を使って

大きな声で歌っても
音程がブレないよう

にする必要が
あったからです

今の時代、電気を通して
機械を使ってマイクを

通して歌うことが
殆どです

オペラの舞台でも
今ではマイクを使用します

腹式呼吸や発声を
マスターして

電気を通さずとも
歌える身体なのに

マイクを通して歌ったら
マイクが壊れます

または不具合が生じます

実際私はライブで
声が大きすぎて

マイクの音が割れて
音が出なくなり

壊したことが
あります

レコーディングの時も
歌うと音が割れるので

歌の途中で何度も
歩いて調節して

足音がマイクに
入らないように

何メートルも離れて
歌ったり少し近づいて

歌ったりすることも
ありました

当然、歌に集中出来ない
ことも多くあります

これは私だけでなく
オペラを歌う方なども

遭遇するトラブルの
多い事例の1つです

今の時代は
電気を通して歌うという

選択肢も増えました

その特性を活かして
歌を表現する

歌手もいます

こういった事があるので
私は腹式呼吸や発声を

メインにレッスンは
しません

それよりも
大事なことは

貴方が、どういう
雰囲気で

どんな音楽の世界観を
歌を歌いたいのか

そのためにはどういう
感覚で歌えれば良いのかを

どれだけ研究
出来るのかの方が

大事だと
思うからです

自分がどう
歌いたいのかを

知りたい
or
相談したい方は

一度無料体験レッスンを
受けてみて下さいね~♪

ではまた~

888888888888888888888888888888888

ただ今、無料体験レッスン
を行っております!

レッスン場所は
王子駅~秋葉原駅などの

音楽スタジオや
カラオケBOX

スカイプ(skype)を使った
オンラインレッスンもあります

(無料体験レッスンが
直接レッスンの場合
場所代だけは別途頂きます)

レッスンしてみたい!
問い合わせしてみたい!
興味がある!

って思った方は

→【お問い合わせフォーム】←

からお気軽にご相談下さいね♪
後ほど返信いたします~!

888888888888888888888888888888888

spacer